TROUBLE SHOOTING
インソール製作の流れ

DYMOCOインソールとはシューズとインソールを用いて悪い動きを改善し、
バランスの取れた状態にするインソールの事(動的インソール)。

  1. 問診~足の計測

    足のお悩みをお伺いします。現在の職業やスポーツの経歴、ケガの有無などがトラブルに影響している場合もあります。足長、足幅、足囲を計測し、その後、フットプリントやフットビューを使用して足圧を計測します。

  2. 足圧、
    足の状態のチェック

    計測した足圧をチェックします。フットビューを使用した場合は立位足圧だけでなく歩行時足圧から体重移動の特徴も調べます。また直接触診して足の形状、変形の有無、皮膚の状態なども見ていきます。

  3. 姿勢、バランス、
    歩行のチェック

    両足立位、片足立位の姿勢やバランスをチェックします。つま先立ちやサイドステップの様子を見ることもあります。歩行姿勢から、頭や肩の傾き、骨盤の動き、膝の内外旋、足部の動きから蹴り出しの様子までチェックします。

  4. インソール作製

    計測やバランスチェック等の結果からインソールを作製します。人工筋肉材ソルボセインのアーチパッドを使用、グラインダーで削りながらお客様の足に合った自分だけのインソールをおつくりします。熱成型のインソールもあります。

  5. バランス、歩行のチェック
    (作製~チェックの繰り返し)

    シューズにインソールを入れ、再度バランスや歩行をチェックします。足圧のバランスや歩行の悪い動きを改善するのが目的です。パッドを負荷してサポートを強めたり、削って弱めたり調整を繰り返しながらお客様にぴったりのインソールを作製します。

まずはご連絡を

担当者不在の場合もありますので、まずは電話かメールにて
ご連絡(ご予約)ください。

  • 029-231-5177

私にご相談ください!

小山 健一郎(株式会社コヤマスポーツ 代表取締役)

  • NPO法人オーソティックソサエティ認定
    フットケアトレーナーAライセンス
  • NPO法人日本フットトレーナー協会認定
    スポーツシューフィッター
  • 日本ウォーキング協会ウォーキング指導員